MetaTraderってなに?

MetaTrader(メタトレーダー) は、

世界中で利用されているトレードツールで、

開発元は、ロシアのメタクオーツ社(MetaQuotes Software)という企業です。

 

MetaTraderの最新バージョンは「5」になりますが、

多くのFX会社で対応しているバージョンは「4」になります。

 

最新バージョンに、各FX会社のシステムが追従するのは、

なかなか難しいんでしょうか・・・

 

多くのトレーダーが利用しているバージョンは「4」になると思います。

 

私も、バージョン「4」の MetaTrader4 を利用しています。

※(以降、MetaTrader4 を MT4と記載します。)

 

MT4は、Windowsベースのアプリケーションで、

エンドユーザーが独自のスクリプトや自動化プログラムを実行することが可能です。

 

インジケータやエキスパートアドバイザ(EA)と呼ばれるものです。

 

インジケータやエキスパートアドバイザ(EA)は、

自身で作成が出来なくても、無料、あるいは、有料で手に入れることが出来ます。

 

もちろん、プログラムを勉強をすれば自身で作成することも可能です。

 

MT4のツール画面

MT4の画面を見たことが無い人もいると思うので、

MT4インストール後の初回起動時の画面を載せておきます。

これが、MT4初回起動時のデフォルト画面です。

いくつかの通貨ペアに、何種類かのインジケータを表示した状態で起動されます。

※上の画像のMT4は、XMからダウンロードしてきたものです。

 

MT4は、自身の好みにカスタマイズすることができます。

例えば、こんな感じに。

自身が使いたいインジケーターやラインを設定できます。

 

MT4を利用できるFX会社

各FX会社は、独自のトレードツールを提供していますが、

 

MT4を利用するトレーダーが多いため、

MT4専用の口座を用意しているFX会社も多いです。

 

FXTF(FXトレード・フィナンシャ)、楽天FX、OANDA、XM、FXDDなどです。

 

次回は、各FX会社のMT4の使用感も含めて紹介していきたいと思います。