MT4(Meta Trader 4)を使っての過去検証(バックテスト)

 

過去検証(バックテスト)ソフトとして、FT2(ForexTester2)を利用しているのですが、普段、トレードで使用している MT4 (MetaTrader4)インジケータFT2版がネットに転がっていないことがあります。

 

そんなときは、MT4の「ストラテジーテスター」という機能を利用して、過去検証(バックテスト)を行うという手があります。

 

手順を忘れて、ネットを再検索することがよくあるので、備忘として残しておきます。

ストラジテスターを使った検証開始までの手順

定型チャートの作成

検証を行いたいインジケータをチャートに設定後、MT4のメニュー・バーから「チャート」→「定型チャート」→「定型チャートとして保存」を選択し、適当な名前で保存(.tplファイル)します。

チャート・バー数の設定

チャート上に表示するバーの本数を好みにより設定しておきます。

ヒストリー内バー数の設定

私は「ヒストリー内の最大バー数」の本数を「2147483647」本にしています。

理由は、ヒストリーデータはできる限り見れるほうが良いと思い、設定可能な最大値にしました。

 

チャートの最大バー数」は、デフォルト値の「65000」本にしています。チャートを 3~4画面分スクロールする程度なら「2000」本程度でも問題ありません。

設定手順
  • MT4メニュー・バーから「ツール」→「オプション」をクリック。

  • オプション」画面で「チャート」タブを選択し、「ヒストリー内の最大バー数」、「チャートの最大バー数」を入力して「OK」ボタンを押せば設定完了です。

ヒストリカルデータの取得

ストラジテスターを利用するためには、事前に、過去の為替相場を記録したデータ(ヒストリカルデータ)をダウンロードしておく必要があります。

 

検証(バックテスト)を行いたい、通貨ペア時間足過去データをダウンロードします。

ダウンロード手順
  • メニュー・バーの「ツール」を選択し、「ヒストリーセンター」をクリック。

  • ヒストリーセンターで、通貨ペア時間足を選択します。今回は、GBPUSD15分足GBPUSD をダブルクリック。展開した時間足の中から 15分足をダブルクリック。「ダウンロードボタン」を押下します。

  • ダウンロード・アラート」画面が表示されます。

  • OK」ボタンを押下します。

  • 閉じる」ボタンを押下して「ヒストリーセンター」画面を閉じます。
ストラジテスターの実行

検証(バックテスト)を行いたいインジケータの定型チャートヒストリカルデータの準備ができたら、ストラテジーテスターの設定を入れて実行するだけです。

実行手順
  • メニュー・バーから「表示」→「ストラテジーテスター」を選択。

  • エキスパートアドバイザ」に「MACD Sample.ex4」を指定。(Moving Averageでも可)
  • 通貨ペア」 に検証対象の通貨ペアを指定。
  • 期間」に検証したい時間軸を指定。
  • モデル」に「全ティック(利用可能な最小時間枠を使いすべてのティックを生成する、最も正確な方法)」を指定。
  • 期間を指定」にチェック。
  • 開始日」に検証したい期間開始日を設定。
  • 終了日」に検証したい期間終了日を設定。
  • ビジュアルモード」にチェック。
  • 再生スピードスライダを適当に設定。
  • スタート」ボタンをクリック。すぐに停止II」ボタンをクリック。
  • メニュー・バーから「チャート」→「定型チャート」→上記で作成した定型チャートを選択
  • 再生「>>」ボタンをクリック。(停止は「II」ボタンをクリック)
  • チャートが動き始めます。
  • スキップ」ボタンの右の日付を指定後、「スキップ」ボタンを押下すると指定した日付までスキップできます。

※「ビジュアルモード」の文言が見つからない場合は、MT4の「テスター」ウィンドウ上部にカーソルを合わせると両矢印が現れるので、上にドラッグして「テスター」ウィンドウを広げてください。「ビジュアルモード」の項目が現れます。

 

以上、ストラテジーテスターを利用した検証(バックテスト)方法の備忘でした。