自分のルール

 

トレード手法は何でもよいので、仕掛け、手仕舞い、枚数、これをトレード毎に決めて実行する。

 

ただ、決めたことを常に守り続けることは難しいので、自分にルールを守らせるために必要な考え方を整理しました。

 

ルールを作り、ルールを守る

 

自分のルールを作り、

  • ルールを守ることを目標にする。
  • ルールを守ることを習慣化する。
  • ルールを守るプロセスを楽しむ。

 

利益を出せてもルールを守っていなければ評価できない。

損失を出したとしてもルールを守っていたならば評価できる。

 

損切りは我慢しない

 

損切りは我慢しないこと。

そして、利食いは我慢すること。

 

※負けている人はこの逆をしている。

※損切りをしなければお金は増やせない。

 

値動きに一喜一憂しない

 

レートは、押すもの、戻すもの、

ストップロスオーダーを入れたら、ロスカットされようが、されまいが、
勝つために必要なコストと考え、受け入れる。

 

※ストップロスまでの値幅は未実現ではあるが必要コスト(損失)と考える。

 

◆この考え方を自分に納得させるための例え

商売では、商品を仕入れ(実現コスト)、

商品が売れれば、売上と仕入れ値の差額が実現利益となり、

商品が売れなければ、仕入れ値が損失となる

 

トレードでは、ポジションを持ちストップロスローダーを入れ(未実現コスト)、

ポジション方向にレートが伸びて決済ができれば実現利益となり、

ポジション方向と逆にレートが伸びてストップロスローダーに掛かれば損失となる。

 


随時追記します。