下降トレンド

週明けは下降トレンドで始まりました。

 

日足、ローソク足は陰線。

 

4時間足、ローソク足が下向きの短期MA(移動平均線)の下にあり。

 

1時間足、ローソク足が下向きの短期MA(移動平均線)の下にあり。

 

ショート(売り)で勝負したほうが良さそうな相場環境でした。

 

ドル円 目線

日足 レンジ(まだ、調整の上昇中。上値抵抗線が近い。)

4時間足 上目線の中で押し目を築く途中。

1時間足 上目線から下目線へ転換するかといった動き。

 

ドル円 5分足 チャート (10月30日)

トレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、

青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないトレードは省いています。

 

上位足で下方向の値動きであることを確認。

 

5分足で短期MA(移動平均線)付近から

下方向へ動いたところでエントリーすることを心掛ける。

 

珍しく、思った通りにトレードができた日でした。

 

たまたま、ラッキーだったといった感じです。

 

このような感じのトレードを繰り返すことが

出来るように精進しなければ・・・。

 

10月30日トレード結果

OANDA +48.2pips
GMO +8.0pips

 

反省

短期MA(移動平均線)を上抜いても

中期MA(移動平均線)に抑えられるときもあり、

上位足が下目線なら早すぎる損切となる。

 

相場環境に合わせた損切を考える必要がある。