初投稿

管理人の官水(かんすい)と申します。

以後、よろしくお願い致します。

 

21:30 指標発表

米国雇用統計や金利政策発表時は、毎回、注意しているのですが

それ以外は、見逃していることが多い・・・

 

今日は、念のため、よく参考にさせて頂いている「羊飼いのFXブログの指標ランク」を確認したところ、

米国雇用統計に近いレベルの注目マークの「S」でした。

 

C → B → A の順でランクが上がり、A の上が S で、更に S の数が多ければ、市場の反応が大きくなります。

値動きに反映されてくるという事です。

 

指標ランク

米)小売売上高 S

米)消費者物価指数 AA

 

日足、4時間足のチャートでは上目線だったので、そろそろ上昇に転じるか・・・といった感じです。

 

1時間足、5分足のチャートでは「売り」目線ですが、急反転が怖いので、

指標発表前にはエントリー(注文)しませんでした。

 

チャートを見ていると値動きにつられてエントリー(注文)してしまいそうなので、

一旦チャートを閉じて、ブログ記事を編集することにしました。

 

ドル円 目線

日足 上目線(調整の下げ中)、4時間足 下目線、1時間足 下目線

 

ドル円 5分足 チャート

トレードを振り返る

急下落していました。かなりの値幅です。

 

21:31、チャートを見てみてると・・・

50pipsほど下落していました。

 

エントリーしておけば良かった・・・(-_-;

 

しょうがない・・・ですね。

 

しばらく様子を見て・・・

 

赤丸のところでロングエントリー(買い注文)。

 

上位足のMA(移動平均線)に反発して、下げ止まったような動きをしたところを

再度下げ始める可能性を警戒しながら、5分足でタイミングを取り、

ロング(買い)で刻みました。

 

ロングエントリー(買い注文)をして、

節目ライン(高値、安値、高値安値反転ライン)辺りでイグジット(決済)。

 

節目ラインを超えたら、節目ラインを背にしてロングエントリー(買い注文)をして、

次の節目ライン辺りでイグジット(決済)。

 

大きく下落した後の勢いのある上昇だったので、いつもよりも大きく利益を出せました。

 

飛び乗りをしないトレードが出来ました。

飛び乗りは負けるケースが多いので注意です。

飛び乗りで何度も失敗しているんですが、いまだにやってしまいます。

今回は、チャートを見ていなかったのが幸いしました。

 

本日のトレード結果

GMO +59.0 pips

OANDA +49.1 pips

※1万通貨を分割エントリー(注文)、分割イグジット(決済)

 

反省

短期、中期、長期MA(移動平均線)が揃って下向きのパーフェクトオーダーとなっていることを考慮して値動きを見ていれば、獲れたかも知れない相場でした。