祝日の月曜日

日足チャートでは長期MA(移動平均線)が上向きで、中期MA(移動平均線)が下向きから水平になりつつあり、上昇トレンド中の押し目を築こうとしているように見えます。

 

4時間足チャートでは長期MA(移動平均線)は上向きですが、中期MA(移動平均線)が水平から下向きに変わりつつあります。短期MA(移動平均線)は下向きです。戻り売りポイントを待ちたい形のチャートになっています。

 

1時間足チャートでは、短期、中期、長期MA(移動平均線)が下向きのパーフェクトオーダーになっているので、戻り売りを待っている勢力が、今か今かとエントリーポイントを探っていそうなチャートの形です。

移動平均線まで少し距離があるので、しばらくヨコヨコの動きのレンジ相場となり、下抜ければショートエントリー(売り注文)を入れたいところです。

 

・・・と書きつつも、待てずに手を出してしまいました。

スキャルピングです。

 

ドル円 目線

日足 上目線(調整の下げ中、押し目築き中)

4時間足 下目線(レンジ、戻り目待ちか)

1時間足 下目線(レンジ、戻り目待ちか)

 

ドル円 5分足 チャート

トレードを振り返る

エントリー(注文)して、ポジション(売りか買いかの手持ち通貨)を持つと、あまり動かず・・・、イグジット(決済)すると、動き出すといった日でした。--;

祝日の東京時間の値動きはこんなもんでしょうか。

 

掲載した5分足チャートにトレードした場所を記しました。

①は、ショートエントリー(売り注文)後に反転してきたので、損切りして薄損で終えました。

②③はロング(買い)④⑤はショート(売り)、スキャルピングに近いトレードで薄利を繰り返す。

 

基本的には、短期MA(移動平均線)に沿ったトレードを行い、利益を残すことが出来ました。

東京時間に上値を何度も試して、欧州時間に入ってから下げて来るといった相場となりました。

 

掲載したチャートよりも後の時間になりますが、深夜になって大きく上昇し、何度も上値を抑えられてから下降し始めました。

何度も上値を抑えられたところが戻り売り勢力が入ってくるポイントとなったようです。時間的には、日本時間の0時頃から下降し始めました。

 

本日のトレード結果

GMO +35.9pips

OANDA +46.0pips

※1万通貨を分割エントリー(注文)、分割イグジット(決済)

 

反省

なかなか、しっかりと持ち続けるといったトレードが出来ない。

※このスタイルのままで行っていいのか難しいところです。