1時間足でチャンスを待ってみる

上位足から順に、日足、4時間足、1時間足、と相場環境を見てから、5分足チャートでエントリーチャンスとなるチャートパターンを待つようにしていますが、チャートを見ているうちに、5分足チャートの値動きばかりが気になって来て、結局、5分足チャートの値動きにつられてエントリーしてしまう事が多くなって来ます。

 

トレードを開始した直後は、上位足から相場環境を見てから、5分足チャートを見てエントリーするので、勝率が良いのですが、時間が経つにつれて5分足チャートばかりを見てエントリーするようになるので、勝率が大幅に悪くなります。

 

今週は、上位足から順に相場環境を見たあとは、1時間足チャートをメインで見るようにすることにしました。

 

ドル円 目線

日足 レンジ相場、上目線となるか・・・

4時間足 上目線

1時間足 上目線から、レンジ相場

 

ドル円 5分足 チャート (10月2日~3日AM)

トレードを振り返る

1時間足のリバース・ヘッド・アンド・ショルダー(逆三尊)のネックライン越えでエントリー。

エントリーは、5分足でもネックライン越えとなっているタイミングでエントリーしました。

損切は、1時間足の直近安値にセット。1時間足レベルの損切なので 60pips 程です。この損切幅を考えると、なるべく引き付けられるエントリーポイントを待ったほうが良さそうですが、今回は、初めてのやり方だったので、あまり考えずにエントリーしてしまいました。

 

赤い四角枠がトレードしたところです。丸一日近く掛かったトレードでした。

5分足の自動トレールに引っかかってのイグジットはでしたが、トレールに引っかからなくても、5分足の短期MA(移動平均線)を下抜いたらイグジットするつもりでした。

 

ドル円 5分足 チャート (10月3日)

トレードを振り返る

小さく刻んだトレードでした。

あまり良い感じのトレードではありませんでした。

 

トレード結果

10月2日

OANDA +0.3 pips

GMO -6.9 pips

 

10月3日

OANDA +24.7 pips

GMO +15.9 pips

 

反省

損切り幅を大きく取り過ぎてしまったので、リスク・リワードを考えるとNGです。

1時間足でエントリーできそうなポイントをざっくりと待って、5分足でタイミングを取ってエントリー、損切も5分足レベルで設定するようにしたほうが良さそうです。