下降ダウ形成

週明け月曜日、114.737円の高値を付け、

その後、1時間足チャートで確認できる下降ダウを築いてきました。

 

下降トレンドです。

 

3日分のトレードをまとめて振り返ります。

 

ドル円 目線

日足 レンジ(調整の上昇中。上値抵抗線に抑えられています。)

4時間足 上目線(ヘッド・アンド・ショルダーを形成するか?)

1時間足 下目線

 

ドル円 5分足 チャート (11月6日)

11月6日のトレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、

青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないトレードは省いています。

 

東京時間は上昇し、欧州時間に入ってから下降し始めました。

 

5分足で認識できるサポートライン(下値支持線)や

キリ番 114.000円が直ぐ下にあったので

欧州時間に入ってからも、再上昇すると考えてロングで攻めましたが、損切を繰り返してしまいました。

 

就寝前に仕込んだショートエントリーが成功したので、

プラ転まで行きませんでしたが少しは損失を挽回できました。

 

11月6日トレード結果

OANDA -24.9pips

GMO -14.3pips

 

ドル円 5分足 チャート (11月7日)

11月7日のトレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、

青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないトレードは省いています。

 

思考が売りバイアスになっていました。

 

MA(移動平均線)に抑えられて下降するという

考えに執着してショートエントリーを繰り返し

損切を連発してしまいました。

 

あとから、チャートを振り返れば、朝から夜まで

ロングで入っていれば大きく獲れたなぁという相場でした。orz

 

11月7日トレード結果

OANDA -51.8pips

GMO +11.9pips

 

ドル円 5分足 チャート (11月8日)

11月8日のトレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、

青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないトレードは省いています。

 

この日は、1時間足チャートの

短期MA(移動平均線)の下にレートがある間は

ショートポジションを保持するつもりでエントリーしました。

 

結果、プラスで終わることが出来ました。

 

11月8日トレード結果

OANDA +86.4pips

GMO +20.2pips

 

反省

・移動平均線に逆らうと失敗する可能性が大きい。

・値動きを注視して移動平均線の傾きを予測するように心掛ける。

・5分足でのトレンド転換を軽視しない。