ダブルトップ

1時間足、4時間足チャートで認識できるダブルトップを形成。

 

2/13(水)にネックラインを割って下降トレンドに入りました。

 

ドル円 1時間足 チャート (12月11日~12月15日)

12/8(金)~12/13(水)の期間でダブルトップを形成し、ネックラインの113.250円と113.124円付近を下抜けて下降トレンドに入りました。

 

12/15(金)にキリ番112.000円付近がサポートライン(下値支持線)となり上昇に転じ、1時間足チャートの中期MA(移動平均線)付近がレジスタンスライン(上値抵抗線)となり、少し下げて先週の相場を終えました。

1時間足チャートを振り返ってみると、過去に何度も有効に働いた節目ラインがレジスタンスライン(上値抵抗線)として機能したようです。

 

5日分のトレードをまとめて振り返ります。

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)

日足 レンジ(調整の上昇中)

4時間足 上目線

1時間足 上目線

 


ドル円 5分足 チャート (12月11日)

12月11日のトレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないの方向感の無いトレードは省いています。

 

エントリー(注文)してもあまり伸びずにイグジット(決済)するトレードが多い日でした。

 

プラスで終えられので結果オーライでした。

 

12月11日トレード結果

OANDA +36.5pips

GMO +15.6pips

 

12月11日の反省

仕事中でチャートを見ていなかったので仕方ありませんが、短期、中期MA(移動平均線)を下抜いて来たところでエントリー(注文)したかった。

 


ドル円 5分足 チャート (12月12日)

12月12日のトレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないの方向感の無いトレードは省いています。

 

深夜になるまで、横ばいの値動き。

 

負けました。

 

12月12日トレード結果

OANDA -20.0pips

GMO +4.1pips

 

12月12日の反省

値動きの無いときには待つべきでした。

 

短期、中期、長期MA(移動平均線)が、水平、あるいは、緩い傾斜の中、安値が切り上げていることをあまり注意していなかった。

 


ドル円 5分足 チャート (12月13日)

12月13日のトレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないの方向感の無いトレードは省いています。

 

タイミングよくショート(売り)の波に乗れました。

 

上昇を抑えられているところで、中期MA(移動平均線)に対してグランビルの法則が働くかと判断してショート(売り)エントリー(注文)。

 

4時間足チャートで認識できる節目ラインの113.250円がサポートライン(下値支持線)として機能するかと思いイグジット(決済)しましたが、短期、中期、長期MA(移動平均線)が下向きのパーフェクトオーダーだったので再度ショート(売り)エントリー(注文)。

 

キリ番113.000円に到達したところでイグジット(決済)。

 

12月13日トレード結果

OANDA +43.1pips

GMO +20.1pips

 

12月13日の反省

キリ番113.000円で反発するのが怖くてイグジット(決済)しましたが、その後に大きく戻ってから、大きく下降しました。

 

指標発表のFOMCで大きく下げたので、その前にイグジット(決済)できたのはよい判断だと思います。が、ルール通りのイグジット(決済)タイミングではなかった。

 


ドル円 5分足 チャート (12月14日)

12月14日のトレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないの方向感の無いトレードは省いています。

 

キリ番 112.500円と4時間足チャートで認識できる節目ラインの112.472円で反発したので、上昇に転じるかと思いロング(買い)エントリー(注文)。

 

ポジションをキープしたまま就寝して、大きく負けました。

 

12月14日トレード結果

OANDA -71.6pips

GMO -52.2pips

 

12月14日の反省

上位足をしっかり見て判断すべきでした。

1時間足チャートでは、短期、中期MA(移動平均線)ともに下方向で、戻り売りのタイミングでした。

 

就寝前は、ポジションを解消すべきなのだろうか・・・

 


ドル円 5分足 チャート (12月15日)

12月15日のトレードを振り返る

チャートの赤色の四角内が勝トレード、青色の四角内が負けトレードだったところです。

※10pips程度に満たないの方向感の無いトレードは省いています。

 

反転上昇して来ました。

アセンディングトライアングルを形成しているときにショート(売り)ポジションを持っていなければ、短期、中期MA(移動平均線)をレートが上抜いたところでロング(買い)エントリー(注文)していました。

 

ポジションを持っていた為に、損切り判断が遅れました。

 

12月15日トレード結果

OANDA -23.2pips

GMO +2.2pips

 

12月15日の反省

ルール通りに損切とエントリー(注文)が出来なかった。

 

2日続けてポジションをキープしたまま就寝して負けました。

 

やはり、就寝前はポジションを解消したほうが良いのか。。。

少し考えてみます。