1週間負けなしでした

 

なんと、1週間、日単位で負けなしでした\(◎o◎)/!

 

こんなことは、FXを始めて、初めてなので、私自身びっくりしています。

 

心掛けたことは。。。

  1. 押し、戻りを待つ。
  2. 節目ラインとなる、レジスタンスライン(上値抵抗線)、サポートライン(下値支持線)を意識する。
  3. ルール通りの損切りを行う。(ルール通りの利食いは、しっかりと出来ていません。>_<; )
  4. いままでの損を忘れる(いままでの損を取り返そうと思わない)
  5. 欲をかかない(ほどほどの利益で、その日のトレードを終えるようにする)具体的には、現在の証拠金でトレードできる建玉数では、OANDA、GMO 合わせて、1万円程度の利益が出れば良しとする。
  6. 資金管理をしっかりとする。(ここはというところだけ、枚数を増やしても良しとする)

特に、3,4,5 を心掛けたことが勝ちトレードに繋がったと思います。

 

あるブログとある書籍のおかげです。

 

いままでの損失を忘れ、欲をかかずに、ほどほどの利益で良しとして、その日のトレードを終える。この考え方が結果につながったようです。

 

このペースが少しでも続いてくれると良いのですが。。。

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)
  • 日足 上目線
  • 4時間足 下目線
  • 1時間足 下目線

 

ドル円 1時間足、日足チャート (5月21日~5月25日)

 

今週は、ファンダメンタルズ的には、米朝首脳会議の中止報道やトルコリア暴落、トランプ大統領の自動車関税報道の影響で、リスク回避の円買いが進んだようです。

 

日足チャートで、4月4日以降、短期MA(移動平均線)の上に位置していたレートが、5月24日に短期MA(移動平均線)を下抜いて来ました。週足の前週始値、安値付近のレートがサポートとして機能しているようです。先週は、下げ止まって相場を終えました。

 

1時間足チャートを見ると、安値を切り上げそうです。ダブルボトムを形成してネックラインを上抜いてくると、調整の戻り上昇となりそうです。

 

ドル円 週足チャート

 

テクニカル的には、週足チャートを見てみると、いくつか下落の根拠をあげることができます。

  • ダブルトップのネックライン
  • 前週の週足高値ライン
  • 中期MA(移動平均線)
  • フィボナッチ 61.8 のライン
  • ボリンジャーバンド+2σ

以上がレジスタンスライン(上値抵抗線)として機能したように見えます。

 

5月21日~5月25日 1週間のトレード結果集計
OANDA

5月21日 +17.0

5月22日 +24.9

5月23日 +27.7

5月24日 +25.1

5月25日 +31.3

—————

+126.0

 

GMO

5月21日 +15.7

5月22日 +15.7

5月23日 +24.0

5月24日 +17.0

5月25日 +33.9

—————
+106.3

5月21日~5月25日 反省

チャートを見ながらのトレードで、エントリー後の逆行やレンジでの含み損の状態がストレスになり、含み益に転換したときに、ルールを守らず、早めの利食いをしてしまうといったことをやってしまいました。

 

そして、大抵、その後にレートが伸び、「あっ!」と、咄嗟に、追っかけエントリーをしてしまい。再度、含み損状態になったり、逆行して損切りになったり、どうにか薄利で終えたりと、あまり良い結果にならないトレードをしてしまいました。

 

しっかりとルールを守ったトレードをしなければいけませんね。