週単位で勝てています。

 

2週連続で勝ちです。

 

しかも、日単位での勝率も高い。

 

自分自身、不思議に感じています。

 

心掛けたことは、先週と同じく、

 

—–ここからは先週の内容を転載————-

  1. 押し、戻りを待つ。
  2. 節目ラインとなる、レジスタンスライン(上値抵抗線)、サポートライン(下値支持線)を意識する。
  3. ルール通りの損切りを行う。(ルール通りの利食いは、しっかりと出来ていません。>_<; )
  4. いままでの損を忘れる(いままでの損を取り返そうと思わない。
  5. 欲をかかない(ほどほどの利益で、その日のトレードを終えるようにする)具体的には、現在の証拠金でトレードできる建玉数では、OANDA、GMO 合わせて、1万円程度の利益が出れば良しとする。
  6. 資金管理をしっかりとする。(ここはと言うところだけ、枚数を増やしても良しとする)

特に、③④⑤を心掛けたことが勝ちトレードに繋がったと思います。

 

いままでの損失を忘れ、欲をかかずに、ほどほどの利益で良しとする。

 

この考え方が結果につながったようです。

 

—–ここまで先週の内容を転載—————

 

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)

日足 下目線(転換)

4時間足 上目線(転換)

1時間足 上目線

 

ドル円 1時間足、日足チャート (5月28日~6月1日)

 

今週は、ファンダメンタルズ的には、米朝首脳会議をやるだ、やらないだ、とか騒いでいたのでしょうか。

 

テクニカル重視なので、あまり気にしていませんでした。

 

日足は、安値を切り下げて来ています。

 

1時間足は、上昇トレンドに転換しています。

 

詳細は、シナリオで書こうと思いますが、しばらくレンジ後に下降トレンドに入りそうな気がします。

 

ドル円 週足チャート

 

先週も書きましたが、下げ根拠のほうが多いです。

 

先週の高値を更新するまでは、下げる可能が高そうです。

 

5月28日~6月1日 1週間のトレード結果集計
OANDA

5月28日 +3.0pips

5月29日 +34.9pips

5月30日 +34.1pips

5月31日 +40.6pips

6月1日 +15.6pips

—————

+128.2pips

GMO

5月28日 -8.2

5月29日 +31.2pips

5月30日 +32.1pips

5月31日 +37.5pips

6月1日 +0.4pips

—————

+93.0pips

 

5月28日~6月1日 反省

 

飛び乗りでの失敗が多い気がします。

 

値動きにつられないように注意しなければいけません。