ドル円、週足、日足のトレンドライン下値支持

 

週足レベルの下降トレンドラインの背面側と

 

日足レベルの上昇トレンドラインが強いサポート(下値支持)となっているようです。

 

日足レベルの上昇トレンド(上昇ダウ)は、継続中です。

 

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)
  • 日足 上目線
  • 4時間足 レンジ
  • 1時間足 レンジ

 

 

ドル円 1時間足、4時間足、日足、週足(7月30日~8月3日)

 

週足チャートから振り返ります。

 

前週に、2015年5月からの下降トレンドラインの背面側でサポートされていたレートが、トレンドラインを下抜いて来ましたが、再度、上抜きました。

 

下降トレンドラインの背面側でサポートされる形で相場を終えています。

 

 

日足チャート、

 

週足レベルの下降トレンドラインを 7月10日に上抜きましたが、7月20日に、上抜いた分と同じくらい戻してきたレート。

 

そのまま、週足レベルの下降トレンドライン下抜いて、トレンド転換するかと考えましたが、日足レベルの上昇トレンドラインと、週足レベルの下降トレンドラインの背面側にサポートされたようです。

 

上昇トレンド(上昇ダウ)は、崩れていません。

 

 

4時間足チャートは、カップ&ハンドルを形成後、教科書通りにはならず。

 

上昇後、再下落して、長期MA(移動平均線)にサポートされています。

 

 

1時間足チャートでは、7月31日に大きく上昇し始めた起点のレートでサポートされ、戻り目を築く動きをしています。

 

短期、中期MA(移動平均線)が下向きになり始め、長期MA(移動平均線)が水平に、その下にレートが位置しているので、更に下降してきそうです。

 

 

MT4スプレッド

 

7月31日~8月3日 1週間のトレード結果集計

 

OANDA
  • 7月30日 -0.7 pips
  • 7月31日 +21.8 pips
  • 8月 1日 +32.9 pips
  • 8月 2日 +16.7 pips
  • 8月 3日 +7.2 pips

—–

+77.9 pips

 

GMO
  • 7月30日 -4.4 pips
  • 7月31日 +25.0 pips
  • 8月 1日 +25.5 pips
  • 8月 2日 +23.7 pips
  • 8月 3日 +12.9 pips

—–

+82.7 pips

 

※トレード日記では、OANDA と GMO を間違えて記載してしまった日がありました。(汗)

 

 

7月30日~8月3日 ピックアップ

 

8月2日と8月3日のチャートの下落のパターンが良く似ていたのでピックアップします。

 

両日とも、ネックラインを下抜いてからエントリーをすれば、大きく狙えるパターンでした。

 

8月2日 5分足チャート

 

8月3日 5分足チャート

 

 

7月30日~8月3日 反省

 

負けが先行すると、取り返そうと、エントリールールを守らないエントリーをしてしまう。

結果、負ける。

負けを繰り返す。

 

そうなると、負けが怖くなり、微益で逃げるトレードを繰り返し、なんとかプラ転を狙う。

そんなトレードが多くなっていました。

 

結果、トレンドフォローで大きく獲れるところで獲れない。

そんな感じでした。

 

しっかりとトレンドフォローをしなければ。。。

 

次週は、この辺りを考えてトレードしたいと思います。

 

少しずつでも改善して行こうかと・・・思います。

 

 

FXなら