自信、過信、そして、慢心から、傲慢に。。。

 

8月は、1日から15日まで、日単位で負けなしでした。

 

ニューヨーク時間まで、負けていたとしても 30pips程度のマイナスなら取り返せていました。

 

日単位での連勝続きで、「自信」が「過信」に変わり、いつの間にか「過信」が「慢心」に変わり、相場に対して「傲慢」とも言えるトレードを繰り返していました。

 

ただ、相場の値動きに助けられていただけだったというのに・・・

 

 

今週のドル円はというと・・・

 

トルコリラ急落の影響もあり、月曜日に下への窓開けで始まり、水曜日までは上昇。水曜日に急落。その後は、じり高。最終日に、また下げるといった相場でした。

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)
  • 日足 上目線
  • 4時間足 下目線
  • 1時間足 下目線

 

ドル円 1時間足、4時間足、日足、週足(8月13日~8月17日)

 

週足チャートから振り返ります。

2015年5月からの下降トレンドラインを跨ぐような動きを7月11日から1ヶ月ほど継続しています。

 

今週の終値は、下降トレンドラインの下で、更に、中期MA(移動平均線)を少し下抜いて相場を終えたように見えます。

 

日足チャート。

8月1日から徐々に下げてきてフラッグを形成していて、今週は、上値が少し上にズレましたが、依然フラッグを形成しています。

 

相場終了時のレートは、中期MA(移動平均線)を下抜いていました。

 

長期MAがまだ下に位置しているので、そこでサポートされてるかどうか?

 

4時間足チャート。

下降トレンドラインを上抜いて来ていましたが、長期MAに抑えられ、再度上昇を試みるも中期MAに抑えられ下落、7/9 最安値ライン付近にサポートされて相場を終えました。

 

1時間足チャート。

水曜日まで上昇後、各MAを下抜き、その後は、各MAに抑えられて下降し始ました。

 

各MAを見ると、収束から拡散へと繋がりそうです。

MT4スプレッド

8月13日~8月17日 1週間のトレード結果集計
OANDA

8月13日 +24.6 pips

8月14日 +7.8 pips

8月15日 +33.9 pips

8月16日 -84.5 pips

8月17日 -21.3 pips

—–

-39.5 pips

 

GMO

8月13日 +23.4 pips

8月14日 +26.3 pips

8月15日 +26.0 pips

8月16日 -30.3 pips

8月17日 -15.0 pips

—–

+30.4 pips

 

 

8月13日~8月17日 反省

 

本当、何度も同じ失敗を繰り返しています。木曜日、金曜日と連日負けました。しかも、木曜日は大負けでした。

 

毎回反省をしていますが、失敗を肌身に刷り込ませるように、何度も自分自身に言い聞かせるようにしていくしかなさそうです。

 

少しずつではありますが、改善はしていると思います。(汗)

 

とりあえず、今週のルール違反は。。。
  • チャートを常に見ている時だけ枚数を増やしてもいいというルールを破った。(資金管理破り)
  • エントリー&イグジットルールを破った。(特に、エントリールール)(トレードルール破り)

こんなところでしょうか。。。もっとあったかな?

 

スマホでのトレードの場合は、環境認識が甘い状態でトレードしてしまっているので、毎朝、トレードシナリオを立てたほうが良さそうです。

 

「負けを勝ちの糧(かて)とする」

 

トレードを続けるなら、そうして力(技術)を付けていくしかありませんね。

 

FXなら