悪癖を直すのは難しい・・・(汗)

 

今週のドル円は、8/29(水)に上げ止まり、その後は、米国株式市場の利益確定の売り、トランプ米大統領の対中関税発動の支持、新興国通貨急落などにより、リスク回避の円買いが進み、ドル円は急落しました。

 

今週のトレードは、勝つことは出来ましたが、悪い癖が出てしまい、含み損のポジションを持ったまま週末を迎えています。

 

原因は、短期足(1分)の値動きにつられてエントリーしてしまった事と、下げ止まり、上がるだろうと決めつけて(買いバイアス)ポジションをキープしてしまった事です。

 

悪い癖を完全になくすのは難しい。。。orz

 

今週のトレードを振り返ります。

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)
  • 日足 レンジ
  • 4時間足 下目線
  • 1時間足 下目線から上目線になるか

 

ドル円 1時間足、4時間足、日足、週足(8月27日~8月31日)

MT4スプレッド

週足チャートから振り返ります。

※ 先週と変わらないコメントです。

 

2015年5月からの下降トレンドラインを跨ぐような動きを7月11日から1ヶ月ほど継続しています。

今週の終値は、下降トレンドラインの上で、相場を終えました。

 

日足チャート。

8月1日から徐々に下げてきてフラッグを形成していました。

 

先週、フラッグの上値を超えたレートは、キリ番 112.0円手前まで上昇しましたが、その後、下げに転じ、週足下降トレンドラインにサポートされ、短MA(移動平均線)付近期で相場を終えました。

 

再上昇なるか?

 

4時間足チャート。

 

大きく下落してきたレートは、節目ラインでサポートされ、一旦上昇しましたが、陰線で相場を終えました。

 

ネックラインでサポートされたように見えます。

 

1時間足チャート。

 

8/29(水)に、米国株式市場の利益確定売り、トランプ発言、新興国通貨急落により、急落しました。

 

レートは、4時間足チャートレベルで確認できるネックラインでサポートされ、直近高値付近まで上昇しましたが、相場終了時に少し下げました。

 

ここから、上昇への転換成るか?

 

8月27日~8月31日 1週間のトレード結果集計
OANDA

8月27日 +20.8 pips

8月28日 +24.8 pips

8月29日 +17.0 pips

8月30日 +5.4 pips

8月31日 ノートレ

—–

+68.0 pips

 

GMO

8月27日 +27.9 pips

8月28日 +26.3 pips

8月29日 +23.1 pips

8月30日 +5.9 pips

8月31日 ノートレ

—–

+83.2 pips

 

8月27日~8月31日 反省

 

上位足の中期MA(移動平均線)が上向きだったので、5分足チャートで、短期中期長期MA(移動平均線)が下目線のパーフェクトオーダーだったにも関わらずロングをしてしまいました。

 

トレンド中は、上位足のMA(移動平均線)を重視すべきですが、上位足でトレンド転換(今回の場合、1時間足チャートでのダブルトップネックライン下抜き)の動きがあった場合は、下位足から順次トレンド転換していくと判断し、下位足の動きを重視すべきでした。

 

FXなら