日記と週の記録

 

今週はトレード日記を全くアップできませんでした。(汗)

※トレードにオシレータを利用した判断を加えたので、その結果を分析するのに時間がかかってしまいました。

 

なので、日記と1週間の記録をまとめて掲載します。

 

今週の相場は

  • イタリア財政不安
  • イギリスのEU脱退進展なし、EUと合意できない
  • サウジアラビア記者疾走殺害事件
  • 中国景気減速

といろいろとありましたが、レートは前週の下げに対して戻す動きとなりました。

 

今週は、エントリータイミングにオシレーターを補助的な判断材料として使いました。

結果、週単位では負けとなりましたが、マイナス幅を抑えることができました。

 

それでは、今週の相場を振り返ります。

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)
  • 日足 上目線
  • 4時間足 下目線
  • 1時間足 上目線

 

ドル円 1時間足、4時間足、日足、週足(10月15日~10月19日)

週足チャートから振り返ります。

短期MA(移動平均線)がサポートとなり上昇してきましたが、長期MAには届かずに相場を終えました。

前週の下げに対して 50% 程戻しています。

日足チャート。

1週間で、やや上昇しましたが、値動きの少ないレンジ相場でした。

4時間足チャート。

週明け下げましたが、日足レベルの上昇トレンドラインでサポートされ上昇基調となりました。

節目ライン、中期MA(移動平均線)でレジスタンスされている感じです。

1時間足チャート。

週明け下げて始まりましたが、日足レベルの上昇トレンドラインでサポートされ上昇。

各MA(移動平均線)やキリ番 112.0 付近がサポート、レジスタンスと入れ替わるように機能した複雑な動きをした1週間でした。

MT4スプレッド

ここから、1週間分のトレード日記
10月15日 5分足チャート

※ コメントをキャプチャ画面に記入。

※ チャート内の「S」がShort。「L」がLong。

※ 赤枠が勝ちトレード。青枠が負けトレード。(7pips以上のトレードを掲載。)

 

前週から持ち越したポジションの損切りが遅すぎました。

勢いよく下げていたので放置していたのですが、気が付いた時には戻ってきてしまっていたので損切り。

 

あとからチャートを見てみれば、中期長期MA(移動平均線)が下向きだったので、持ち続けていたほうが良かったですね。

 

この日は、オシレーターを参考にするつもりが、値動きつられてオシレーターを無視してエントリーしてしまいました。

 

7pips以下のトレードも含めるとオーバートレードの1日でした。

 

10月15日の取引結果
  • OANDA -50.1 pips
  • GMO -50.4 pips

 

10月16日 5分足チャート

※ コメントをキャプチャ画面に記入。

※ チャート内の「S」がShort。「L」がLong。

※ 赤枠が勝ちトレード。青枠が負けトレード。(7pips以上のトレードを掲載。)

 

上昇トレンドの始まりで、オシレーターに逆らったエントリーをしましたが、利食いできました。

トレンドが出はじめた時には、オシレーターでの判断が難しそうです。

 

その後のレンジでは、オシレーターに逆らったエントリーをしてしまい。損切りを連発。

 

この日も、7pips以下のトレードを含めるとオーバートレード。

せっかくの利益を減らしてしまいました。

 

10月16日の取引結果
  • OANDA +9.7 pips
  • GMO +3.4 pips

 

10月17日 5分足、1時間足チャート

※ コメントをキャプチャ画面に記入。

※ チャート内の「S」がShort。「L」がLong。

※ 赤枠が勝ちトレード。青枠が負けトレード。(7pips以上のトレードを掲載。)

 

この日は前日の夜にオシレーターを参考にエントリーをしたポジションを利食いした後はレンジ相場。

チャートには掲載していない、利食い、損切り、3pips程度のトレードを数回して終えました。

 

オシレーターを参考にするトレードができたのでオーバートレードを抑えることができました。

 

10月17日の取引結果
  • OANDA +31.3 pips
  • GMO +9.9 pips

 

10月18日 5分足チャート

※ コメントをキャプチャ画面に記入。

※ チャート内の「S」がShort。「L」がLong。

※ 赤枠が勝ちトレード。青枠が負けトレード。(7pips以上のトレードを掲載。)

 

東京時間、欧州時間がレンジ状態。

オシレーターを参考にした結果、この日もトレード少なめ。

チャートに記載していない、利食い、損切り、3pips程度のトレードは数回あり。

 

オシレーターを参考にしたので、余計なトレードを抑えられたようです。

 

10月18日の取引結果
  • OANDA +32.3 pips
  • GMO +29.1 pips

 

10月19日 5分足、1時間足チャート

※ コメントをキャプチャ画面に記入。

※ チャート内の「S」がShort。「L」がLong。

※ 赤枠が勝ちトレード。青枠が負けトレード。(7pips以上のトレードを掲載。)

 

最終日。

ニューヨーク時間まで、値幅の少ないゆるやかな上昇だったので、オシレーターを参考にしたエントリーができず。

 

値動きが出てきたニューヨーク時間のレンジで、オシレーターを無視したエントリーをした結果、負けました。orz

 

10月19日の取引結果
  • OANDA -9.3 pips
  • GMO -28.1 pips

 

10月15日~10月19日 1週間のトレード結果集計
OANDA
  • 10月15日 -50.1 pips
  • 10月16日 +9.7 pips
  • 10月17日 +31.3 pips
  • 10月18日 +32.3 pips
  • 10月19日 -9.3 pips

—–

+13.9 pips

GMO
  • 10月15日 -50.4 pips
  • 10月16日 +3.4 pips
  • 10月17日 +9.9 pips
  • 10月18日 +29.1 pips
  • 10月19日 -28.1 pips

—–

-36.1 pips

※ 今週も含み損のポジションをキープしたままです。(汗)

 

10月15日~10月19日 反省

今週の反省は、オシレーターを参考にし切れなかったことです。

 

週前半と後半に、オシレーターを無視して、値動きにつられてエントリーすることが多く、その際に、負けが多くなっていました。

 

7pips以上の結果となったトレードで、オシレーター(ストキャスティクス)に「従った」「従わなかった」結果を集計してみました。

 

全 27トレード

従った場合の勝率、敗率(10トレード)
勝ち 60%、負け 40%

従わなかった場合の勝率、敗率(17トレード)
勝ち 29.4%、負け 70.6%

 

集計した結果、目立ったのが、オシレーター(ストキャスティクス)に従わなかった場合の敗率 70.6% です。

 

トレードは負けを少なくすることが大事。という記事をよく見かけるので、オシレーターを参考にするトレードを次週以降もやっていきます。

FXなら