機会損失

 

ドル円は、1週間、100pips程度のレンジ相場でした。

 

週前半は、オシレーターを参考にトレードをしたところ、無駄なトレードを抑え、利益を上げることが出来ました。

 

週後半は、オシレーターを参考にせず、値動きにつられるトレードをしてしまい、損失を出してしまいました。

 

一番の失敗は、底値で売りを入れてしまい、損切り出来ないというトレードをしてしまったことです。

 

反省しなければ。。。orz

 

それでは、今週の相場を振り返ります。

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)
  • 日足 上目線
  • 4時間足 下目線
  • 1時間足 上目線

 

ドル円 1時間足、4時間足、日足、週足(10月22日~10月26日)

週足チャートから振り返ります。

下落してきましたが、短期MA(移動平均線)がサポートとなり下げ止まりました。

長期MA(移動平均線)がレジスタンス。短期MAがサポートとして機能しているようです。

 

日足チャート。

短期MA(移動平均線)がレジスタンスとなり、下落して来ましたが、中期MAや上昇トレンドラインがサポートとなり下げ止まりました。

節目ラインもサポートとして機能しているようです。

 

4時間足チャート。

下降ダウを形成し、下目線となっています。

先週足の高値がレジスタンス、先週足の始値、安値がサポートとなりました。

各MA(移動平均線)もレジスタンスとして機能しているようです。

 

1時間足チャート。

90~100pips 程の値幅のレンジを築きながら、徐々に下落した週でした。

各MA(移動平均線)がレートの上に位置し、下方向に傾いているので、レジスタンスとして機能しそうです。

MT4スプレッド

10月22日~10月26日 1週間のトレード結果集計
OANDA
  • 10月22日 +10.3 pips
  • 10月23日 +20.5 pips
  • 10月24日 -2.4 pips
  • 10月25日 -21.0 pips
  • 10月26日 +23.6 pips

—–

+31.0 pips

GMO
  • 10月22日 +10.8 pips
  • 10月23日 +20.1 pips
  • 10月24日 -13.5 pips
  • 10月25日 -5.8 pips
  • 10月26日 +16.8 pips

—–

+28.4 pips

 

※ 久しぶりに週単位でのプラスとなりました。

 

10月22日~10月26日 反省

週前半は、オシレーターを参考にしたトレードで無駄なトレードを控えることが出来ました。

 

ところが、トレンド発生時などはオシレーターはトレンド発生側に張り付くので参考に出来ないと考え、週後半は、オシレーターを参考にしませんでした。

 

結果、直近高安値越えの値動きでエントリーし、逆行され損切りのパターンが多々ありました。

トレード日記「10月24、25、26日(機会損失)に掲載のチャートをみると良く分かります。

 

やはり、オシレーターを参考にした方が良いのだろうか。

 

しばらく、慎重にやってみます。

FXなら