100pips 幅のレンジ

 

今週は、108.0~109.0 の間のレンジ相場でした。

 

先週終値 108.512 が 108.0~109.0 の間のレジサポラインとなっていました。

 

1時間足以上のチャートを見ると、まだ下目線なので、戻り目を築いて下落に転じる可能性があります。

 

それでは、今週の相場を振り返ります。

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)
  • 日足 下目線
  • 4時間足 下目線
  • 1時間足 下目線

 

ドル円 1時間足、4時間足、日足、週足(1月7日~1月11日)

週足チャート。

今週のローソク足は十字線になりました。

十字線と言えばトレンド転換のサイン。

 

トレンド転換(上昇)するのか?

日足チャート。

今週は、戻り目を探るような値動きでした。

もう少し上昇して来るか?

そろそろ下げて来るか?

4時間足チャート。

戻り目を探る動きのレンジ相場でした。

先週足終値がレジスタンスとして機能していました。

1時間足チャート。

108.0円を下抜いて来ましたが、108.0~109.0の間のレンジ相場でした。

レートが短期中期長期MA(移動平均線)の上に位置しています。

MAを押し目として上昇するか?(汗)

 

MT4スプレッド

1月7日~1月11日 1週間のトレード結果集計
OANDA
  • 1月7日 +31.1 pips
  • 1月8日 ノートレ
  • 1月9日 +6.7 pips
  • 1月10日 -6.3 pips
  • 1月11日 ノートレ

—–

+31.5 pips

GMO
  • 1月7日 +27.5 pips
  • 1月8日 ノートレ
  • 1月9日 +5.3 pips
  • 1月10日 -11.5 pips
  • 1月11日 ノートレ

—–

+21.3 pips

 

1月7日~1月11日 反省

トレード日記の方にも書きましたが、マルチタイムフレーム分析の判断が、イマイチうまくできない。

 

自分が考えているよりも、上位足の戻り目まで時間があり、含み損を抱えることが多い。

この辺を改善したいと思います。

 

最悪、戻り目(押し目)で反転しないまま逆行(トレンド転換確定)され、大きな損切りとなる可能性があるので、早めの損切りが良さそうです。

 

アイネットFX


FXトレード検証ソフト FOREX TESTER