トレンド転換

※先週は、トレードシナリオの記事を途中まで準備したところで寝落ちしてしまい、1週トレードシナリオを休んでしまいました。(汗)

 

3/18週のドル円は、

3/20、米連邦準備制度理事会(FRB)が2019年の利上げを見送る方針を示し、同日、連邦公開市場委員会(FOMC)が主要政策金利を据え置くと発表したことにより、急落。

更に、3/22、ドイツ経済指標の大幅な悪化により、世界同時株安、景気減速が懸念されたことにより、急落。

 

3日間で 170pips程の下落となりました。

 

それでは、3/18週のドル円相場を振り返ります。

 

ドル円 目線(週末のチャートを見て判断)
  • 日足 下目線
  • 4時間足 下目線
  • 1時間足 下目線

 

アイネットFX

ドル円 1時間足、4時間足、日足、週足(3月18日~3月22日)

週足チャート。

3/18週は大陰線になりました。

FOMCがキッカケで急落、一旦戻すも、ドイツ経済指標が大幅に悪く、更に急落してきました。

 

長期MA(移動平均線)、キリ番 112.0 、フィボナッチ 76.4%(2018年高値 114.548 と 2019年安値 104.113)付近でレジスタンスされ、ダブルトップからの下落のように見えます。

日足チャート。

高値切下げ、安値更新して来ました。上昇ダウ終了です。

ここから下降ダウへと転換してくるか。

4時間足チャート。

高値切下げ・安値更新。

4時間足では下降ダウへとしっかり転換しているのが確認できます。

1時間足チャート。

3/20のFOMC、3/22のドイツ経済指標悪化がキッカケで大きく下落して来ました。

3日間で 170pips程の下落幅でした。

 

どこまで落ちて来るか。

 

MT4スプレッド

3月18日~3月22日 1週間のトレード結果集計
YJFX
  • 3月18日 ノートレ
  • 3月19日 ノートレ
  • 3月20日 +93.8 pips(ポンド円のみ)
  • 3月21日 +34.6 pips

【内訳】

    • ドル円 +0.9 pips
    • ポンド円 +33.7 pips
  • 3月22日 +114.8 pips

【内訳】

    • ドル円 +6.6 pips
    • ポンド円 +108.2 pips
ONADA
  • 3月18日 -11.1 pips(ドル円のみ)
  • 3月19日 +5.5 pips(ドル円のみ)
  • 3月20日 +76.9 pips(ドル円のみ)
  • 3月21日 ノートレ
  • 3月22日 ノートレ
GMO
  • 3月18日 +15.0 pips(ドル円のみ)
  • 3月19日 ノートレ
  • 3月20日 ノートレ
  • 3月21日 +81.2 pips(ドル円のみ)
  • 3月22日 +18.7 pips(ドル円のみ)

—–

+429.4 pips

3月18日~22日 反省

FOMC前に持ったドル円ロングを損切り出来ずポジションキープ中。orz

 

ポンド円のトレードはスキャルのみで、プラ転したら利食うというスタイルにしたところ、プラスで終えることが出来ました。

 

「霧の中から抜け出せるキッカケになるかな?」

 


FXトレード検証ソフト FOREX TESTER