トレードシナリオ

次週のトレードに備えて、トレードシナリオを整理してみます。

 

ドル円 日足チャート

109.845付近のサポートライン(下値支持線)で反発上昇後、

フィボナッチ61.8で抑えられたように見えます。

 

短期MA(移動平均線)は下向きですが、

中期、長期MA(移動平均線)は上向き、

上昇トレンドライン、サポートライン(下値支持線)が支えとなり上昇するか・・・

 

ドル円 4時間足チャート

中期MA(移動平均線)

日足のフィボナッチ61.8

ダブルボトムのネックライン付近で

一旦、抑えられたように見えます。

 

ですが、日足レベルのサポートライン(下値支持線)と、

上昇トレンドラインが下支えとなりそうです。

 

上昇のシナリオと下降のシナリオを

考えておいたほうが良さそうです。

 

フィボナッチ61.8を上抜いたら上昇シナリオ。

109.845付近のサポートライン(下値支持線)を

下抜いたら下降シナリオ。

 

でも、4時間足チャートだけを見ていると

中期MA(移動平均線)の下方向への傾きが強く、

長期MA(移動平均線)も水平から下向きへと傾いてきているので、

もう一度、下を試しそうな気がします。

 

ドル円 1時間足チャート

何度も、下方向を試して、

結果、指標発表のキッカケに一気に急上昇・・・

 

日足のフィボナッチ61.8

111.00のキリ番のレジスタンスライン(上値抵抗線)付近で、

反転下落・・・

 

4時間足レベルのサポートライン(下値支持線)

付近で支えられました。

 

短期、中期MA(移動平均線)が上向きで

日足レベルのサポートライン(下値支持線)があるため

上昇シナリオが優勢か。

 


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。