トレードシナリオ

次週のトレードに備えて、トレードシナリオを整理してみます。

 

ドル円 日足チャート

一時的に、フィボナッチ100.0%を下抜けました。

 

中期MA(移動平均線)が水平から下方向に傾きつつあります。

もう一段下のサポートライン(下値支持線)の108.115まで下がるか、

一時的に下抜けたが、フィボナッチ100.0%をサポートライン(下値支持線)として上昇に転じるか・・・

 

レンジ相場となるか、

ダブルトップのネックライン割れで下降トレンドとなるか・・・

 

値動きを注視して、エントリー(買いか売りの注文)ポイントを見極めたいところ。

 

ドル円 4時間足チャート

4時間足では、下降トレンド継続中。

 

値動きが日足レベルの上昇トレンドラインを下抜けました。

指標発表時に一時的に上抜きましたが、上値抵抗線として機能しているようです。

 

短期、中期、長期MA(移動平均線)が全て下向き、しかし、少し乖離している。

日足レベルのフィボナッチ100.0%がサポートライン(下値支持線)として機能する可能性がある。

 

以上から、しばらく横横の動きをして、

短期、中期MA(移動平均線)が値動きに追いついたところで再度下降し始めるか・・・

 

ドル円 1時間足チャート

大きい下髭を真ん中に持つダブルボトムを形成。

 

直ぐ上にある日足レベルの上昇トレンドラインを超えたら、

4時間足レベルのレジスタンスライン(上値抵抗線)の109.406まで、

5分足でトレードできるかな・・・といったところ。

 

4時間足レベルのレジスタンスライン(上値抵抗線)の109.406か、

中期MA(移動平均線)で戻り売りを狙えるか。


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。