トレードシナリオ

次週のトレードに備えてトレードシナリオを整理してみます。

 

そろそろ海外では、クリスマス休暇もあり相場参加者が少なくなってきますので、普段と違った急な値動きに注意しようと思います。

 

それでは、週足、日足、4時間足、1時間足のチャートを見てシナリオを立てて行こうと思います。

 

ドル円 週足チャート

白い四角のところが BOX (ボックス相場:レンジ相場)となっています。

 

MA(移動平均線)で判断すると、

・短期、中期、長期MA(移動平均線)がやや上向き。

・レートが短期、中期、長期MA(移動平均線)の上にある。

以上から上昇するように見えます。

 

チャートパターン、節目ラインから判断すると

BOX (ボックス:レンジ)相場の半値付近から上昇後下降しました。

長期MA(移動平均線)をサポートライン(下値支持線)として上昇するのか、注視したいと思います。

 

ドル円 日足チャート

ヘッドアンドショルダーを形成すると思っていたのですが、思っていた以上に早く下降しました。

 

中期MA(移動平均線)が上向きなので、もう少し上昇しそうです。

 

来週のシナリオは

 

上目線で考えると

短期、中期MA(移動平均線)に支えられて上昇。

 

キリ番 113.000円が目標。

 

キリ番 113.000円を超えて来れば、113.500円が目標。

 

下目線で考えると

キリ番 112.000円を下抜き、111.500円付近が目標。

 

111.500円を下抜いてくれば、キリ番 111.000円が目標。

 

ドル円 4時間足チャート

週前半、何度も上値を試すが上抜けずに急下落。

 

相場終了前に、短期、中期、長期MA(移動平均線)まで戻しました。

 

上目線で考えると

短期、中期、長期MA(移動平均線)を上抜き、キリ番 113.000円が目標。

 

キリ番 113.000円を超えて来れば、4時間足チャートで認識できるレジスタンスライン(上値抵抗線)の 113.250円が目標。

 

下目線で考えると

キリ番 112.000円が目標。

 

112.000円を下抜いてくれば、111.500円が目標。

 

ドル円 1時間足チャート

12/8~12/13にかけてダブルトップを形成。

 

12/13にダブルトップのネックラインを下抜いて、下降トレンドとなりました。

 

12/14,15にキリ番 112.000円がサポート(下値支持)となり、反転上昇、中期MA(移動平均線)まで戻して相場を終えました。

 

上目線で考えると

中期MA(移動平均線)を上抜き、キリ番 113.000円が目標。

 

下目線で考えると

キリ番 112.000円が目標。

 

キリ番 112.000円を下抜いてくれば、111.500円が目標。

 

以上、シナリオを考えてみましたが

実際のトレードの時には、値動きを見て

臨機応変に対応したいと思います。

 


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。