トレードシナリオ

 

そろそろ転換するんじゃないかと考えていましたが、先週は大きく上昇しました。

 

このまま、レジスタンスライン(上値抵抗線)を上抜いていくのではないかと考え始めているトレーダーも多いのではないでしょうか。

 

それでは、次週のトレードシナリオを整理します。

 

ドル円 週足、日足チャート

 

ドル円 週足(W1)トレードシナリオ

 

先週は、大きく上昇してきました。

 

ネックライン、キリ番、中期MA(移動平均線)付近で、一旦、上昇を止めましたが、このまま上昇が続くか、抑えられるかテクニカル的に見てみます。

 

レートは、キリ番 111.0を一旦上抜きましたが、中期MA(移動平均線)、直近ダブルトップのネックラインなど、レジスタンス(上値抵抗)となるラインはまだ上抜いていない状況です。

 

これまで、チャートパターンやレジスタンスライン(上値抵抗線)を見てトレンド転換するシナリオを考えていましたが、ことごとく外しています。(汗)

 

今週は、古典的な「ダウ理論」を当てはめて考えてみました。(黄色のライン)

 

「ダウ理論」を当てはめると、下降ダウ継続中なので、しばらく上昇したあと、再度、下降するシナリオが考えられます。

 

※フィボナッチリトレースメントを 11月5日週の高値 114.735 から 3月25日週の安値 104.608 に引いてみましたが、 76.4% 付近から下降となりそうな感じです。

 

ドル円 日足(D1)トレードシナリオ

 

ダブルトップを形成するかと考えていましたが、ダブルトップが失敗に終わり、更に上昇して相場を終えました。

 

レートが、短期、中期、長期MA(移動平均線)を上抜いて来ているので、今後は、MA(移動平均線)がサポートとして働く可能性ありです。

 

とは言え、まだ上に、キリ番112.0 や 12月~1月に形成したトリプルトップのネックラインが控えているので上昇を抑えられる可能性もあります。

 

週足のシナリオを考慮して、キリ番 112.0付近まで上昇後、下降し始める。これが、来週のシナリオです。

 

ドル円 4時間足、1時間足チャート

 

ドル円 4時間足(H4)トレードシナリオ

 

大きなダブルトップ、失敗に終わりました。

 

そして、急上昇。

 

キリ番 110.0で足場を固めて、キリ番 111.0を一旦上抜きました。

 

先週勢いよく上昇して来たので、しばらく上昇力を貯めてから上昇しそうです。

 

キリ番 110.5 付近がサポートライン(下値支持線)として機能すれば、更に上昇。

 

キリ番 110.5 付近がサポートライン(下値支持線)として機能しなければ、下降に転じる。

 

というシナリオで行こうかと思います。

 

※ 1時間足で利用しようかと4時間足にトレンドラインを引いてみました。^^

 

ドル円 1時間足(H1)トレードシナリオ

 

週明け、ダブルボトムのネックライン越えから上昇トレンドになり、大きく上昇して相場を終えました。

 

相場終了前に、レートが一旦下げているので、レジサポ逆転ラインが上昇を抑えそうに見えますが、4時間足で認識できるトレンドラインと中期MA(移動平均線)に支えられているように見えます。

 

4時間足で認識できるチャネルラインを目指すというのが来週のシナリオです。

 

トレンドラインとチャネルラインの中間にインナーラインを引いてみました。

 

このインナーラインが機能するかどうかも見守ってみたいと思います。

 

以上、シナリオを考えてみましたが、実際のトレードの時には、値動きを見て、臨機応変に対応したいと思います。

 


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。