トレードシナリオ

 

先週は、米朝会談、そのほか、気になる指標発表もありましたが、ドル円相場は、基本的には上昇相場で終えました。

 

6/13 (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

 

FOMCでは、ドル円は、急騰後に下落、そして、下落分を戻して来てから調整の値動きになりました。

 

6/14 (欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利

 

ドル円はあまり影響しませんでしたが、ユーロが急落していましたね。

 

ユーロドル、ユーロ円が急落となりました。

 

200 pips 強の下落でした。ボラティリティが高い通貨ペアは怖い。。。

 

来週の気になる指標発表は、

 

6/21 (英) イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表

 

くらいですかね。ドル円は影響なさそうです。

 

それでは、次週のトレードシナリオを整理します。

 

ドル円 週足チャート

 

ドル円 週足(W1)トレードシナリオ

 

先週は、安値 109.265 、高値 110.904 と、値幅 160 pips の相場になりました。

 

そして、114.753 → 104.608 フィボナッチ 61.8 と、中期MA(移動平均線)がレジスタンスライン(上値抵抗線)となり、上昇を抑えられた形で相場を終えたように見えます。

 

過去のチャートを見ると、ネックラインといった節目ライン付近にも見えます。

 

いくつかのレジスタンスライン(上値抵抗線)が集中していそうなので、下目線のシナリオとなりそうです。

 

ドル円 日足チャート

 

ドル円 日足(D1)トレードシナリオ

 

上昇ダウ継続中です。

 

週足の 114.753 → 104.608 フィボナッチ 61.8 のレジスタンスライン(上値抵抗線)が、どの程度のレジスタンス(上値抵抗)となるかで目線が変わります。

 

短期、中期、長期MA(移動平均線)がレートの下に位置していて、上昇ダウ継続中なので、もうしばらく上目線のシナリオです。

 

ドル円 1時間足チャート

 

ドル円 1時間足(H1)トレードシナリオ

 

大きな上昇ダウ継続中です。

 

短期、中期、長期MA(移動平均線)全てが上向いているので、上昇ダウ継続が次週のシナリオです。

 

ただ、上位足のシナリオに書いたように、レジスタンスライン(上値抵抗線)が直ぐ上に存在するので、下げ始めたら、その値動きに付いて行きたいと考えています。

 

以上、シナリオを考えてみましたが、実際のトレードの時には、値動きを見て、臨機応変に対応したいと思います。

 


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。