トレードシナリオ

 

先週のドル円相場は、

 

トルコリラ大暴落の影響か?乱高下の週となりました。

 

お盆休みも終え、次週からはどう動いていくのか、トレードシナリオを整理します。

 

ドル円 週足チャート

ドル円 週足(W1)トレードシナリオ

 

2015年5月から引ける下降トレンドラインをレートが跨ぐ動きを続けています。

 

レートは、先週よりも下げて来ました。

 

レートは、トレンドライン、レジサポラインの下に位置していますが、まだ、押し目買い勢と戻り売り勢の攻防継続中は変わらずです。

 

キリ番 110.0円や短期MA(移動平均線)がレートの下に位置しているので、サポートとして機能する可能性もあります。

 

抜けたほうに付いて行きたいと思います。

MT4スプレッド

ドル円 日足チャート

ドル円 日足(D1)トレードシナリオ

 

先週は、2本のレジサポラインや、短期、中期MA(移動平均線)の間をレートが上下していました。

 

まだ、フラッグを形成しています。

 

短期MAは、レートの上に位置していますが、中期MAはレートに絡み、キリ番 110.0円や長期MAがレートの直ぐ下に位置しています。

 

もみ合いが続きそうです。

 

ドル円 4時間足チャート

ドル円 4時間足(H4)トレードシナリオ

 

各MA(移動平均線)がレジスタンスライン(上値抵抗線)として機能した結果、レートが下げてきました。

 

7/9の上昇起点のダブルボトムの二番底のラインと 7/11の急騰の起点となった押し目位置のラインがサポートライン(下値支持線)として機能したところで先週の相場を終えました。

 

次週は、先週安値(W1 Low)を下回ってくれば売り目線のシナリオで行きたいと思います。

 

ドル円 1時間足チャート

ドル円 1時間足(H1)トレードシナリオ

 

8/15の高値を起点に高値切下、安値更新の下降ダウを形成しています。

 

短期、中期、長期MA(移動平均線)が収束から拡散しつつあり、パーフェクトオーダーでもあります。

1時間足だけ見れば下目線のシナリオです。

 

以上、シナリオを考えてみましたが、実際のトレードの時には、値動きを見て、臨機応変に対応したいと思います。

 


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。


 

FXなら