トレードシナリオ

9/3 週のドル円相場は、

9/5(水)まで上昇し、前週高値付近に到達後、下落に転じました。

 

9/7(金)の東京時間に入り、再度上昇に転じましたが、トランプ米大統領の対日貿易赤字の不満報道後、急落急騰の値動きを見せて相場を終えています。

 

それでは、次週のトレードシナリオを整理します。

ドル円 週足チャート

ドル円 週足(W1)トレードシナリオ

2015年5月から引ける下降トレンドラインをレートが跨ぐ動きを続けています。

レートは、前週と同様にトレンドラインにサポートされました。

 

押し目買い勢と戻り売り勢の攻防継続は変わらずのようです。

キリ番 111.0円や短期中期MA(移動平均線)も、サポートとして機能しています。

 

しばらくレンジ相場が続きそうです。

ドル円 日足チャート

ドル円 日足(D1)トレードシナリオ

前週の高値を試しに行きましたが、レジスタンスされました。

 

前週からの値動きで、ヘッドアンドショルダーっぽいチャートパターンを形成していますが、直近安値、あるいは、直近高値を超えるまではレンジ相場が続きそうです。

 

レンジ相場と言っても、値幅が 200pips 程あるレンジなので、日足のレンジ相場だということを念頭に、トレードをしたいと思います。

MT4スプレッド

ドル円 4時間足チャート

ドル円 4時間足(H4)トレードシナリオ

上は、前週高値にレジスタンスされ、下は、週足レベルのトレンドラインにサポートされ、ほぼ、週の始値付近までレートを戻して相場を終えました。

 

3週間かけてヘッドアンドショルダーを形成しましたが、中期長期MA(移動平均線)がほぼ水平なので、しばらくレンジ相場になりそうです。

 

レンジの上限と下限のラインを意識して、入っていきたいと思います。

 

ドル円 1時間足チャート

ドル円 1時間足(H1)トレードシナリオ

週明け 9/3(月)から 9/5(水)まで上昇、その後、ダブルトップを形成して下落に転じ、週足レベルのトレンドライン付近でサポートされ、今度は、反転上昇。高値と安値に引いたフィボナッチリトレースメントの 67.8 レベルまで上昇後、レジスタンスされ相場を終えました。

※中期長期MA(移動平均線)にも、レジスタンスされたように見えます。

 

9/5(水)からの急落により、レートが中期長期MA(移動平均線)を下抜いて来ています。

 

中期MA(移動平均線)の傾きから、中期長期MA(移動平均線)を上抜いてこなければ、下目線となりそうです。

 

週明けの値動きを注視したいと思います。

 

以上、シナリオを考えてみましたが、実際のトレードの時には、値動きを見て、臨機応変に対応したいと思います。

 


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。


FXなら