トレードシナリオ

 

12/17 週のドル円は、米国株価低下をキッカケに下落。

 

FOMC後に一旦上昇するも、再下落。

 

1週間かけて大きく下げた相場となりました。

 

来週から、クリスマス休暇、その後は、年末年始休暇と続くので、トレードする際は、急な値動きに注意が必要です。

 

想定外の値動きは考慮せず、いつも通りにトレードシナリオを整理します。

ドル円 週足チャート

ドル円 週足(W1)トレードシナリオ

直上の節目ラインにレジスタンスされ高値を切り下げていたレートが大きく下げて来ました。

1週間で 270pips 程の下げでした。

レートは、節目ライン、中期MAにサポートされています。

 

中期MA(移動平均線)、キリ番110.0、上昇トレンドラインがサポートとして機能しそうなので、しばらくヨコヨコの動きになるか、強いサポートとなり反発上昇するか、下位足の値動きを注視したいと思います。

このサポートを下抜いてくると、更に大きく下げそうです。

 

ドル円 日足チャート

ドル円 日足(D1)トレードシナリオ

週明けから下落が始まり、トレンドラインを下抜いて来ました。

キリ番112.0も下抜き、長期MAまで下落して相場を終えています。

長期MAとキリ番111.0がサポートとなったようです。

 

ローソク足2本続けて長めの下ヒゲを出しているので、長期MAとキリ番111.0のサポートが強いか?

下落継続するにしても、一旦、戻しが入りそうなので、下位足の値動きを注視したいと思います。

MT4スプレッド

ドル円 4時間足チャート

ドル円 4時間足(H4)トレードシナリオ

大きな下降ダウを形成。

キリ番112.0、111.0のサポートが、有効に機能したように見えます。

 

MA(移動平均線)がパーフェクトオーダー。

下降トレンドを継続しそうです。

 

キリ番110.0、先週終値を下抜くまでは、安易に入らないほうが良さそうです。

入る場合は、短期勝負。

 

ドル円 1時間足チャート

ドル円 1時間足(H1)トレードシナリオ

週明け月曜から、中期MAに抑えられ戻しが入る大きなダウと、短期MAに抑えられ戻しが入る小さなダウを形成してきました。

日足のトレンドラインや節目ラインも意識された値動きでした。

 

MA(移動平均線)はパーフェクトオーダーです。

週後半に、ダブルボトムを形成したので、一旦、中期MAや下降トレンドライン(赤色)付近まで戻しが入りそうです。

 

短期勝負ならロングもOKですが、戻り売り待ちが無難です。

 

以上、シナリオを考えてみましたが、実際のトレードの時には、値動きを見て、臨機応変に対応したいと思います。

 


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。


FXなら