トレードシナリオ

 

1/28週のドル円は、週前半はレンジ相場。

週後半は、指標発表(FOMC、米雇用統計、米ISM製造業景気指数)により急落・急騰となりました。

 

キリ番 110.0 は抜けずにいます。

 

それでは、次週のトレードシナリオを整理します。

 

ドル円 週足チャート

ドル円 週足(W1)トレードシナリオ

今週も、キリ番 110.0 には届来ませんでした。

相場は、下ヒゲの長い十字線で終えています。

 

各MAがレートの上に位置しているので、ここから、下げに転じるか。

  • 上目線は、ダブルボトム完成を目指して上昇継続。
  • 下目線は、現在位置を戻り目として再下落。

下位足の値動きを見て判断したいと思います。

ドル円 日足チャート

ドル円 日足(D1)トレードシナリオ

短期MAにサポートされる形で上昇して来ました。

キリ番 110.0 を試しに上昇継続となるか、下落に転じるか。

 

直ぐ上の節目ラインが堅そうです。

  • 上目線は、節目ラインを上抜き上昇継続。
  • 下目線は、節目ラインにレジスタンスされ再下落。

エントリーをする際には、下位足の値動きを見て判断したいと思います。

 

MT4スプレッド

ドル円 4時間足チャート

ドル円 4時間足(H4)トレードシナリオ

FOMCの下落後、短期期MAまで戻してから再下落するかと考えていたところ、FOMCの下落の起点付近まで上昇して来ました。

 

レートの直ぐ上には、下降トレンドライン、長期MA、1月始値(109.658)があります。

ここから下げに転じるか。

  • 上目線は、下降トレンドライン、長期MA、1月始値(109.658)を上抜き、上昇継続。
  • 下目線は、下降トレンドライン、長期MA、1月始値(109.658)にレジスタンスされ、再下落。

エントリーは、短期足の動きを見て判断したいと思います。

ドル円 1時間足チャート

ドル円 1時間足(H1)トレードシナリオ

FOMCの下落後、中期付近まで戻してから、再下落するかと考えていましたが、急騰しました。

レートは、節目ライン、トレンドライン付近でレジスタンスされ、相場を終えています。

 

週明け、どちらに動いて来るか。

  • 上目線は、押し目を築いてから、直近高値上抜きで上昇継続。
  • 下目線は、直近節目ライン下抜きで再下落。

エントリーは、短期足の動きを見て判断したいと思います。

 

アイネットFX

 


以上、シナリオを考えてみましたが、実際のトレードの時には、値動きを見て、臨機応変に対応したいと思います。


この記事は、私個人の今後のトレード方針を整理するために個人の見解を過去のチャートから予測してまとめたものであり、利益を保証するものではありません。



FXトレード検証ソフト FOREX TESTER